Joshua Redman & Brad Mehldau / Nearness

2016/09/25




2011年にヨーロッパ各地で行っていたツアーをアーカイブしたアルバム。それぞれサックス、ピアノの代表的存在の2人ですが、1990年代Brian Blade、Christian McBrideたちとのバンド以降も、ことある毎に共演してきています。近年ではJoshua Redmanの"Walkin Shadows" (2013)が記憶に新しいですね。

2015年にリリースされたBrad Mehldauのピアノソロライブ4枚組が傑作過ぎだったこともあって、Brad Mehldauのアルバムの中でもこうした小編成ものは傑作確率高そうな予感をもってゲットしました。

ツアーからセレクトされた楽曲は6曲で、スタンダード3曲とMehldau作品2曲、Redman作品1曲。曲数からしても1曲が最短でも8分台と長尺な演奏がぶっ通しで楽しめます。無機質なフレーズを刻みまくるかと思えば出口には穏やかな美しい旋律が仕掛けられているピアノに、クールなサックスが絡む世界。
美しすぎるバラードThe Nearness of Youも素晴らしいんですが、クライマックスはラストのOld Weat!クールな演奏に終始していたRedmanが熱量をグッと上げたソロを展開して、Duoとは思えない音の圧を感じることが出来ます。

Brad MehldauのサックスとのデュオとしてはJoel Frahmとの作品"Don't Explain"(2004)が思い出せれましたが、あちらはより原曲に忠実でよりハートフルな味わい。比べて聞くのも面白いです。








Personnel
Joshua Redman : tenor & soprano saxphone
Brad Mehldau : piano


Tracks
1. Ornithology (C.Parker & B.Harris)
2. Always August (B.Mehldau)
3. In Walked Bud (T.Monk)
4. Mehlsancholy Mode (J.Redman)
5. The Nearness of You (H.Carmichael & N.Washington)
6. Old West (B.Mehldau)


Rel:2016 Nonesuch Records 7559-79456-0
Recorded July & November ,2011 by Paul Boothe

2 件のコメント

  1. とっつぁんさん,こんばんは。このアルバムよかったですねぇ。

    やはり,この二人,長年共演しているだけあって,相性がいいのはライブでもよくわかりました。こういうレベルの高い音楽は本当に嬉しくなりますが,5年も寝かさなくてもいいと思いますよね。

    ということで,リンクを張らせていただきます。
    http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2016/09/joshua-redmanbr.html

    返信削除
    返信
    1. 音楽狂さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。ほんと相性がいいんでしょうね。Brad Mehldauがよそ行きにならず「あの」ピアノが変わらずにでてくるので嬉しいの一言でした。

      削除

 

Site Serch

Popular Posts

Archives