Leszek Mozdzer / Komeda

2014/07/20




Leszek Mozdzer はLars Danielsson とのデュオ作『Pasodoble』で初めて聞いたポーランドのピアニストで、このアルバムは2011年リリースのピアノソロ作品。読み方が難しくて ”レシュク モジュジェル”と日本語では読むみたいです。Brad MehldauやKevin Haysなどと同世代、1971年生まれの43歳で、20年くらいのキャリアを積んできて、ジャズの世界ではちょうど脂がのってくるタイミングでしょうか。

このアルバムは彼の故郷の先達である Krzysztof Komeda (1931-69)からインスパイアされた全曲オリジナルの楽曲で制作されています。ちなみにWikipediaをみてみるとこのKrzysztof "Komeda"は芸名で、ポーランドで音楽活動をつづけるには本名の Krzysztof Trzcinski は政治的な部分で名乗れなかったとの記載があり、ベルリンの壁崩壊前、今よりずっと表現が統制されていた時代であったことを痛感させられます。

そうした背景を生きたKomedaをリスペクトしつつ、この作品はMozdzer の Identityを表現することをモチベーションとして、ピアノソロというミニマルな方法で制作したのでは?と感じています。
この漲る緊張感や研ぎ澄まされた集中から創造される美しいメロディ、強くて透明感のあるタッチと高低のレンジをめいっぱい使ったダイナミックなフリーな部分とか、Komeda から引き継いだものを自身の楽曲で余すことなく表現したいという意志が凄く伝わってきます。

結果的に、ピアノソロ作品では平坦になりがちなリズムの部分はダイナミズムのある演奏でカバーできているし、50分前後という再生時間もちょうどよくて、聞く側の集中力も保てます。
ただ、聞いて和むような作品ではないので、クラシックを聞くように座して聞いたり、緊張感の中に垣間見せる暖かなフレーズを感じたりするのが基本的な聞き方かも。それと夏なので、暑くてだるいときにリセットしたいときもいいかもしれません。


最も美メロと感じた2曲
Sleep Safe And Warm(#2) と The Law And The Fist(#4) の2013年のライブ。





Personnel
Leszek Mozdzer : piano

Tracks
1. Svantetic
2. Sleep Safe And Warm
3. Ballad for Dernt
4. The Law And The Fist
5. Nighttime, Daytime Requiem
6. Cherry
7. Crazy Girl
8. Moja Ballada

Recorded at Leszek Mozdzer's studio in Wrociaw, March 8-11, 2011
Rel:2011 ACT Music ACT9516-2

0 件のコメント :

コメントを投稿

 

Site Serch

Popular Posts

Archives